FC2ブログ

ヤマハUP U3H ピン板交換

チューニングピンがピンズル(ピンが緩く弦の張力に耐えられない)が有るとの事でしたのでピン板の確認をします。

一部表面の化粧板が剥がれが有り剥がすと割れが有りました。

確認のため化粧板をすべて剥がし確認をすると他も破れが有りピン板の交換をします。

新しくピン板交換しました。

響板の割れも有り埋め木をしフレームを乗せます。

フレームを乗せピンの穴を開け交換終了です。
スポンサーサイト



プロフィール

PianoProgress

Author:PianoProgress
設立年月日: 1992年 ピアノテクニカルセンター
1998年 有限会社プログレス
ピアノ修理は経験豊富な内部技術者と塗装専門技術者でそれぞれ専門分野の匠がおり100年以上前のピアノ修復から現代のピアノまでベストな楽器として良い音の響きを追求してこだわりをもって作業しています。

ご満足を頂けるピアノになると思っています。業務内容: ピアノ調律・外装内装・内部修理・ピアノ買取・販売・輸出入

従業員数: 9名
代表取締役: 佐藤一夫

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター