ベヒシュタイン全塗装

部分外しから下地及び塗装までの作業です。
 
作業前の状態です。これより作業を開始します。


ピアノ本体からの部分外しが終り今から下地作業です。

まず本体からです!元々の仕様ラッカー上塗りなので、まずはラッカー剥離の後研磨作業に入ります。

キレイに研磨を終えました!次に部分の研磨作業を進めます。


ピアノ本体と部分の研磨作業を終え塗装室に移動しました!今から下地塗装です

本体と一部パーツから下地塗装開始です。


下地塗装が終わり少し時間を置いた後軽く中研ぎをしたら最後の仕上げですね!上塗り塗装開始します。

因みに下地塗装を中研ぎした状態です。



これでピアノ本体及び部分全ての下地から上塗り塗装作業全て終了しました。
スポンサーサイト

YAMAHAコンサートピアノCFオーバーホール


ダンパーフェルトの貼り替えするので先ず
フェルトの剥がしをしてヘッド、ワイヤー磨き
フェルトの裁断
貼り付けしていきます

ヤマハNoU1全塗装

ピアノ本体、上塗り塗装前の下地作業まで。

まずは部品外し作業です。


部品外し作業が終了しました!次に下地作業に入ります。

今現在の上塗りラッカー塗料を溶剤で剥離するので内側に飛ばないように、マスキングしました!これより剥離作業に入ります。

剥離作業が終わり次に凹みが有るのでパテ修正をします。


パテ修正が終りました!後はパテ研ぎをして下地作業が終了です、今日はこれで終わりです。

ミキピアノ外装塗装作業2

下地塗装後の中研ぎから上塗りまで。

下地塗装後の中研ぎが終りこれより上塗り塗装作業に入ります。


本体と一部パーツの上塗りが終りました!塗料はウレタン塗料です。

他のパーツも塗りましょう。


上塗り塗装が終りました!もう少し塗るパーツ有ります、今日はここまでです。

YAMAHAコンサートピアノCFオーバーホール


弦張り替えが終わり調律
良く響きます。
作業前が次高音が弦圧がなく響なかったですが復活しました。
これでアクション関係の作業します。
プロフィール

PianoProgress

Author:PianoProgress
設立年月日: 1992年 ピアノテクニカルセンター
1998年 有限会社プログレス
ピアノ修理は経験豊富な内部技術者と塗装専門技術者でそれぞれ専門分野の匠がおり100年以上前のピアノ修復から現代のピアノまでベストな楽器として良い音の響きを追求してこだわりをもって作業しています。

ご満足を頂けるピアノになると思っています。業務内容: ピアノ調律・外装内装・内部修理・ピアノ買取・販売・輸出入

従業員数: 9名
代表取締役: 佐藤一夫

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター