FC2ブログ

スタインウェイK型全塗装

K型のパーツ下地塗装作業


これより本体と同じく密着剤塗装及びポリエステルサフェーサーの
塗装に入ります。

次にポリエステルサフェーサー塗装です。


パーツ下地塗装が終りました。
スポンサーサイト



スタインウェイK型全塗装

本体上塗り仕上げ塗装作業


M型でわなく、K型の間違いでした!ごめんなさい。
下地塗装の中研ぎが終わった状態です。これから上塗りです。


上塗り塗装が完了です、塗料わポリエステル上塗り用です。

スタインウェイM型アップライト全塗装

本体の下地塗装作業 


剥離作業が終わりこれより下地塗装に入ります。

密着剤の塗装が終りました。この後、ポリエステルサフェーサー塗装です。


下地塗装が終りました!厚く塗りこみました。

ヤマハグランドピアノC5E、C7修理

ヤマハグランドピアノC5E、C7オーバーホール入ります。
まずは響板塗装があるので先日作業したC3Bと同時に塗装作業できるように行います。
弦を外し前に弦と棚板との内寸距離を測定、鉄骨の反り、弦圧、弦番定などを確認します。
これで修理するピアノの性格をつかみどのように良い響きになるかつかみとります。

C3Bの弦を外し鉄骨を下ろしました。

C7の弦外しで今日はおしまいです。

ヤマハグランドピアノC3B 昭和48年製造修理

ヤマハグランドピアノC3Bの修理に入ります。

弦を外し鉄骨を下ろします。

ニスが変質しています。

ニスを剥がしました。

サンダーで研磨すると綺麗な状態になります。
今日はここまでで終了
プロフィール

PianoProgress

Author:PianoProgress
設立年月日: 1992年 ピアノテクニカルセンター
1998年 有限会社プログレス
ピアノ修理は経験豊富な内部技術者と塗装専門技術者でそれぞれ専門分野の匠がおり100年以上前のピアノ修復から現代のピアノまでベストな楽器として良い音の響きを追求してこだわりをもって作業しています。

ご満足を頂けるピアノになると思っています。業務内容: ピアノ調律・外装内装・内部修理・ピアノ買取・販売・輸出入

従業員数: 9名
代表取締役: 佐藤一夫

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター